在宅介護支援センター

訪問を中心とした相談業務、介護保険関係のサービス、介護認定調査、居宅介護計画(ケアプラン)の作成届出、介護サービス利用の調整と継続的なケアマネジメント、福祉サービス関係、網走市の各種福祉サービス利用申請代行、連絡調整。
担当する職員
介護支援専門員が懇切ていねいにお話を伺います。
サービスの提供日と時間
月曜日から金曜日は、午前8時45分午後5時30分まで。なお、土・日曜・祝祭日や上記の時間以外にもお電話でのご相談、連絡をお受けしております。
連絡先
電 話 0152-48-2600 FAX 0152-48-2755

地域包括支援センター あばしり東

正式名称:網走市東部 呼人・南部地区地域包括支援センター
地域包括支援センターは、地域で暮らす高齢者の皆さんを、介護、福祉、健康、医療など様々な面から総合的に支えるために設けられました。皆さんがいつまでも健やかに住み慣れた地域で生活していけるよう地域包括支援センターをご利用ください。
介護予防の拠点としての役割(介護予防ケアマネジメント事業)
要支援・要介護に該当しない方の介護予防サービスの相談・計画をします。要支援1・2と認定された方の新たな介護予防サービス(新予防給付)が適切に提供されるように調整いたします。
高齢者の総合相談窓口としての機能(総合相談・支援事業)
高齢者やその家族、近隣に暮らす人からの相談を受けて、適切なサービスにつなげます。相談の内容によってサービス、制度に関する情報提供や関係機関の紹介をします。
権利擁護と虐待防止・早期発見への取り組み(権利擁護業務)
認知症の保護や虐待の防止・早期発見など、高齢者がいかに「自分らしく尊厳ある生活」を送れるか、に取り組んでいきます。
ケアマネジメント支援とネットワーク(包括的・継続的ケアマネジメント支援業務)
高齢者が適切なサービスを継続して利用できるように、地域の医療機関やケアマネジャーなどに対する支援やネットワークづくりにも力を入れます。
サービスの提供日と時間
月曜日から金曜日は、午前8時45分午後5時30分まで。(日曜・祝日・夜間でも電話による受付を行っています)
連絡先
電 話 0152-48-2290 FAX 0152-48-2755
利用シーン

町内会や民生委員協議会、老人クラブなどを対象に地域包括支援センターについての説明や懇談をいたしますので、ご希望の団体はお気軽にお申し込みください(原則的に生活圏域内)。

身近に悩んでいる人やサービスをどう利用していいわからない人、あるいはサービスを勧めても拒否する人などが、適切に支援が受けられるように訪問して相談助言をさせていただきます。

認知症のために消費者被害にあったとか、虐待の心配があるといった高齢者の権利が侵されている場合も同様にご連絡ください。

ケアマネジャーやサービス担当者の皆さんが抱えている支援困難あるいは接近困難な事例は、一緒に考えさせていただきます。

その他、「高齢なので手助けがほしい」、「一人暮らしで今後が心配」、「健康に自信がもてない」、「介護保険で非該当になったけど…」、「最近、買い物に行けなくなった」、「物忘れが気になる」、「なんとなく心配…」などお困りのときはご連絡ください。

担当地区
【東・呼人圏域】
駒場南1~5丁目、駒場北1~5丁目、潮見、呼人、八坂、東網走、中園
【南圏域】
駒場南6~8丁目、駒場北6丁目、つくしヶ丘、鱒浦、豊郷、藻琴、昭和、山里、稲富、北浜、丸万、実豊、音根内、浦士別、栄、清浦
実施主体
網走市